Biography

真鍋 大度

Profile

身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さに着目している。

Biography

Daito Manabe | Rhizomatiks Research
メディアアーティスト、DJ、プログラマ。東京を拠点に活動。
2006年Rhizomatiks 設立、2015年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。慶応大学SFC特別招聘教授。
プログラミングとサウンドデザイン、インタラクションデザインを駆使して様々なジャンルのアーティストとコラボレーションプロジェクトを行いながら、国際的な大型イベントやエンターテイメントプロジェクトの演出技術開発を行う。また、メディアアーティストとして、身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで、高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、データ、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さに着目し、作品制作を行っている。

[ART ACTIVITIES]
坂本龍一とのインスタレーション作品『Sensing Streams』、野村萬斎による日本最古の舞『三番叟』、アンドレア・バッティストーニ指揮によるヴェルディのオペラ『オテロ』、LangLangのピアノコンサート、イギリス、マンチェスターにある天体物理学の国立研究所ジョドレルバンク天文物理学センターでの滞在と研究者、技術者との対話から得た着想を反映した『Celestial Frequencies』など、様々なアーティストとのコラボレーションでデータ分析とデータ可視化, 映像ディレクションも手掛けている。

[MUSIC/DJ ACTIVITIES]
Björkとは、2015年に”Mouth Mantra”のミュージックビデオの映像装置の開発、”Quicksand”のAR, VRライブの映像演出を担当。Nosaj Thingとは、Barcelona Sónar Festival 2017, Coachella 2016など世界各国の音楽フェスティバルへの出演、監督を務めたミュージックビデオ、“Cold Stares ft. Chance The Rapper + The O’My’s”はComputer Animation/Film/VFX 部門にて優秀賞を受賞した。
その他、Squarepusher, FaltyDL, Timo Maasなどのミュージックビデオの監督も務める。
DJのキャリアは20年以上。日本ではFlying Lotus、Squarepusherをはじめとした海外アーティストのライブにフロントアクトとして出演し、Hiphop, IDMからJuke, Future Bass, Trap, Kwaitoまで幅広く選曲。世界中の音楽フェスティバルからも数多く招聘されている。

[PERFORMING ARTS ACTIVITIES]
ELEVENPLAY、MIKIKOとのコラボレーションでは、Drone, Robot,Machine Learning, 大量のrayを用いて空中に三次元映像を作り出すVolumetric Projectionなど様々な技術を用いたダンス作品やダンスデータ、機械学習技術を用いたdata drivenなダンス作品まで幅広く制作を行い、Ars Electronica、Sónar(Barcelona)、Scopitone(Nantes)、MUTEK(MexicoCity)等のフェスティバルで作品を発表し、WIREDやDiscovery Channel等、国内外のメディアで賞賛を受ける。

[EDUCATION ACTIVITIES]
Flying Tokyo、高校生対象のメディアアートワークショップなど、メディアアートのクリエーターミーティング、次世代普及教育プログラムの開発と実施に注力している。

Rhizomatiks Research
https://research.rhizomatiks.com/