ENDLESS IMAGINARY by Rhizomatiks x ELEVENPLAY x Young Creators


[venue] April 1-4, 2021 / [online] April 1-28, 2021
Studio A, Panasonic Center TOKYO / online

https://rhizomatiks.com/s/event/endlessimaginary/

- 展覧会概要 -
ライゾマティクスとイレブンプレイが若手アーティストに
オープンな作品アウトプットの機会を提供。

近年、デジタルコンテンツ制作ツールキットとソフトウェア環境が急速に進化・共有を始め、メディアテクノロジーを巡るクリエイターの数は急増してきました。さらにVRデバイスの浸透やプロジェクターの低廉化といったハードウェア環境も整い、多彩なアイデアに満ちたイマーシブな作品が次々と生まれ続けています。

かねてより次世代のクリエイターの育成・支援を行なってきたライゾマティクスは、作品制作のための環境と発表の場を提供をすべく、25歳以下のクリエイターを対象に、昨年春に公募を実施し、選出された20歳〜24歳までの4名とともに、パナソニックセンター東京 Aスタジオに設置した3画面構成の新作大型プロジェクションマッピング作品展を行います。

パナソニックのDLP®方式 SOLID SHINEレーザープロジェクター3台で没入感のある空間を演出、最先端の映像表現を体験する事が出来ます。

*SOLOD SHINEはパナソニック株式会社の商標です。
**DLP®(Digital Light Processing)、DLP®チップ、DLPメダリオンロゴはテキサス・インスツルメンツ社の登録商標です。

本展では、演出振付家のMIKIKO率いる「ELEVENPLAY」のダンサーの動きをモーションキャプチャで取得し、そのモーションデータを素材に、ライゾマティクスと4名の若手クリエイターが作品を発表し、あわせてウェブ上での発表もお楽しみいただけます。

また、会期中にはライゾマティクスと若手クリエイターらによるトークイベントも開催し、次世代にのクリエーションに関してオープンにディスカッションする場も創出いたします。

次世代を担う若手クリエイターに作品制作と発表の場を広く提供するライゾマティクスと彼らの競演にご注目ください。