検索ワークショップ

May 3, 2007

http://www.mediaseven.jp/open/common/link.jsf;jsessionid=03746093123A8EA5719EDD5AA3E93DA8?iid=147&act=eventdetail&pmd=21

こんなのをやるのだけれど、アイディア先行で実際に何をするか
フワフワのまま3日前に突入。

打ち合わせも結構前から何度も行っているのだが、
ゴツリと決まっていないと言う事は、どこかに問題があるのかもしれない、。

クローラー、インデクサ、サーチャーの役割を持ち宝探しゲーム
4軸の電話帳を作る
検索オルゴール
検索列車
検索鍵
写真検索のためのボックス

などなど、アイディアが出て来て最終的には
写真検索のためのボックスと、ラジコンを使ったものを作る事に。

後は手を動かすだけ。工作は楽しいです。

手品の様な驚きがどこかにあると良いのだけれど、
厚紙と木の棒だけというかなり限られたツールしか無いため
非常に難しい。

そもそも、実現出来るかどうかを論理的に検証して証明しなくてはならない。
厚紙で作った検索装置は、
OR検索は出来るがAND検索も出来るのか
とか、
AND検索が出来てもタグにヒエラルキーが付いてしまうのではないか
とか、
そういう単純な問題をクリア出来るかどうかを、手を動かす前に
調べたい所なのだが、実際に作ってしまった方が早い。。
後、便利なのはプログラムですな。
lispとか出来れば良いですが、学部のプログラミングの授業でやって以来
触ってないので全然覚えておらず。
当時のプログラムや論理系の授業は、プリミティブな事をやっていたので
有意義なものが多かったにも関わらず、きちんと勉強していなかった事を後悔。
お金貯まったら学校に戻ろう。。。

_kensaku.jpg

_kensaku_2.jpg

_kensaku_3.jpg

_kensaku_4.jpg

_kensaku_5.jpg

_kensaku_6.jpg

_kensaku_7.jpg

_kensaku_8.jpg

_kensaku_9.jpg

_kensaku_10.jpg

学部3年の時の教科書。簡単で分かりやすいトポロジー入門書。

直観トポロジー 直観トポロジー
前原 〓

共立出版 1993-09
売り上げランキング : 546508

Amazonで詳しく見る