2005/01/31 (月)

Jan 31, 2005

やっとこさ本格的な制作に突入@

無線で映像を飛ばしつつ、それを次々に格納。
ムービーの更新をカメラからの解析で行う事に。
で、その映像は12*12のマトリクスで表示。(一つのムービーは60*40)

初めは、石橋さんの方でカメラから取り込んだムービーを
QTに保存するモジュール制作。
僕の方で、jit.gl.sketchでテクスチャーにムービーを貼り付けるのだが
12個のplateを作ってそれに12個の異なるムービーを貼り付けて
再生するモジュールを作成。
2つを合わせて動かしてみる。
テクスチャーを貼り付けてpositionを移動するぐらいは何とか出来るのだが、
読み込みの瞬間はやはり重い。スタックしまくり。

しかも、ムービーだという事が分かりにくい。
(今思えば自宅の部屋でチマチマやっていたからなので、
会場でやったら意外と良い感じになったかも。)

とりあえず、写真でも良いのでは無いかと言うことで
予定変更。(この時のイメージでは超高速で画像が入れ替わる感じ)

現実逃避モンジャ焼きツアーに出かけて、この時にふと
カメラからの映像を画像にするのをPBで行った方が良さそうだと
思い、G5からPBをマウントして画像を読み込む方式に変更。

前にIAMAS勢がそんなことをやっていたので、(テッシーだったと思われる)
行けるかなと。

モコパストリアスの散歩の後、しばしのMixiタイムを経て実験。
マウントすれば問題なくネットワーク越しに画像は読み込めるのだが、
一度に大量に読み込もうとすると案の定スタック、、。

システム的な部分も、アウトプットの方法も
大分詰まってきたが後一息@