2004/02/08 (日) ちくしょーう

Feb 8, 2004

この日の日記全て書き上げて、後は写真を選ぶだけという所までいったのに、ソフトをインストールしてくれた友達が再起動をかけてしまった。残念。この日はまたもや床で目覚めた。あぁぁ何日連続だろう。どこかで求めているのかもしれない。寝心地が悪いせいか、毎日4、5時間で目覚める。学校に行きトラック制作。すぐに悪い方向(脈絡の無いノイズ制作)に行くので、MSP〜をお預けにして悩む。アスナロが会田誠のドキュメントを名古屋に観に行くいうので便乗する。気分転換。後でDVDで観ればオウケイな内容かなとも。現代美術ファン、会田誠ファンにはたまらない内容なのだろう。途中からアスナロ君がどういう風に感じているかという事が気になりはじめる。原爆ボーイ。なんだかんだいって面白かったので結構満足。会田誠を好きになりかける。(作品ではなく、人間として)椅子の制作もドキュメントムービーを撮っておけば良かったと大後悔。マネーの虎あり、給与明細あり、、、。「ドラマが無い卒業制作なんてダメだよ」と、制作初期段階でバリの戸川氏に言われたのを思い出す。その後ヤマちゃんという有名な手羽先屋で食事。もちろん日本酒熱燗も飲みつつ。恋愛話やら、店員さんのおねえさんの話やら、、。男4人集まってアルコール接種したら、まぁその話題になるのは当然なわけで。果てしない妄想は続く。イアマス生で、噂やら評判やらに異常に弱い人がいる。「○○さんがxxって言ってたよー」とか。本人が体験して得たものでは無いのに、少ない情報からある人のイメージを作り上げて、しかもガシガシ批判/非難するという恐ろしい事をするのだ。本人はまったく悪気が無いのだが。これが自分の知らない所で行われていたら恐ろしい。おそらく各地で行われているのだけれど。そして、もっと恐ろしいのは自分でも良くやっている気がすること。 注意せねば@その後イアマスに戻り、軽く飲む。途中、アマゾン.comで間違えて2冊買ってしまった無敵の一般教養という本を読破する。これは、数理哲学(数学)とクオリア(脳科学)について書かれている章が、読みやすくかかれていて面白かった。面白かったというか、分かりやすく、説得力のある説明をしている。純粋数学と応用数学の違いとか。後、実在論的(アインシュタイン、カントル、ゲーデルとか。)な僕の思想を見事に指摘していて恥ずかしくなってしまった。極論くさい所もあるけれど、要はそれって絶対真理思想で宗教が絡んでいるんじゃないの?みたいな話。だいぶはしょってるけど。でも、実在論ってちょっとロマンチックで良いんです。他の章も分かりやすく書いてあって読みやすいのでおすすめ。1時間もあれば読破出来るし。おそらく対象は大学1年生とかだと思うけれど。そんなこんなで床でまた眠りました。無量君がとなりにいたはずなのに起きたらいなかった。